◆ 弁護士(2)-離婚相談する時の注意 / 離婚-弁護士他


概略:
素人が弁護士に相談するといっても、何を聞いていいのか戸惑ってしまう場合があります。


離婚Topへ

弁護士に相談するときは下記の点を心がけるといいでしょう。

・証拠書類
家庭内暴力を受けたと言うより医師の診断書、浮気をしているようで怪しいと言うより○月は何回帰らなかったという日記があった方が第三者には伝わります。

・不利なことでも正直に
自分に有利なこと、相手に不利なことだけを弁護士に告げるのはやめましょう。
実際にあった話として、裁判所で
「私と子供が暮らして行くには月50万円が必要なんです!!!」と、絶叫&大泣きしていた女性がいました。そのケースの、元夫の月収は20万円台だったのでもちろんそのような主張が通るはずはありません。

・軽い気持ちで相談しない
無料相談をするとき
「まぁ、どうせタダだから相談してみよう」と軽い気持ちで相談してくる人もいます。このようなことは絶対にやめましょう。

離婚Topへ


関連ページ:
弁護士(1)-離婚相談する際の費用の相場な…
弁護士(2)-離婚相談する時の注意
弁護士(3)-離婚に関する無料相談
法テラス
離婚における司法書士
離婚に強い行政書士