◆ 浮気の証拠 メール(2) / 浮気-調査


概略:
最近はメールが浮気の証拠となることがあります。しかし、問題点もあるので、十分に注意が必要です


離婚Topへ

データ調査についての関連情報はこちら

配偶者の行動が怪しい、携帯メールをチェックしたい…だからといって堂々とチェックさせてくれるわけもありませんし、そんなことしたら貴重な証拠は即隠滅されてしまいます。

配偶者がauの携帯をお持ちであれば「メールの自動転送サービス」を使って浮気チェックをすることが可能です。受信メールを他のアドレスに自動転送してくれるサービスです。
(同様の機能はウィルコムにもあります)

Eメールメニュー−Eメール設定−その他設定−自動転送と選択し、転送先のアドレスを指定します。転送先アドレスには下記のような「いかにも」なアドレスを指定するといいでしょう。

例:
MailServer@...
MobileSystemTokyo@...

メジャーなフリーメールは、受信メールを転送する機能があります。例えば、自動転送先を一旦フリーアドレスにする、そこから自分の携帯に転送する、フリーアドレス内の転送済メールは自動削除に設定する、フリーアドレスから携帯に届いたメールは迷惑メールフォルダ行きに設定して着信ランプを点灯させない、としておけば配偶者の行動を逐一把握することが可能になります。
配偶者が
「どこそこで何時に待合せ(ハート)」等と怪しいメールを受信していた場合、現場を押えることができるかもしれません。
尚、送信メールを自動転送することはできません。

但し、配偶者がメールに詳しいとばれる恐れがあり、かえって信用を失う可能性もありますのでご注意を。

離婚Topへ


関連ページ:
悪徳探偵社/興信所に注意
浮気 喧嘩の原因
浮気の証拠 メール(1)
浮気の証拠 メール(2)
浮気の証拠 車内
浮気の証拠 単身赴任
浮気の探偵・興信所による調査
浮気の兆候−注意点
浮気の調査と費用(1)
浮気の調査と費用(2)
浮気チェック
浮気チェック まとめ