◆ 夫婦喧嘩(2) / 離婚-原因


概略:
夫婦ゲンカは犬も食わぬと言いますが、煮え切らない気持ちが続くとモラハラに発展する可能性も。


離婚Topへ

以前、大家族のドキュメントをTVで見たことがあります。その中でお決まり(?)の家族喧嘩の場面がありました。台本通りかどうかはわかりませんが、

「バカヤロー!」
「豆腐の角に頭ぶつけてくたばっちまえ!」
「どこに目ぇつけてんだ、このうすらとんかち!」

・・・と、かなり口汚く罵り合っているのです。他人事として見ている分には面白いですが、考えてみれば自分も親兄弟と喧嘩になったときは同じ事言っていることに気づきました。
どうやら親密な関係(親子・兄弟・夫婦)においては、友人知人に比べて口汚いことを言ってしまう場合があるようです。友人知人は結局は他人なので、あまり言い過ぎると人間関係が終ってしまいます。それに比べて親密な関係においては、そうそう簡単に人間関係が壊れないので、言い過ぎてしまうのです。

「簡単に人間関係が壊れない」のはいいことですが、両刃の剣にもなりえます。永遠の愛を誓った、心から信頼している相手。この人に限って別れるということはない。その信頼する気持ちがかえって相手を傷つける結果になってしまうのです。
喧嘩が繰り返されると、やがてモラルハラスメントに発展してしまう可能性もあります。

さて、離婚バトルとまで行かなくても大きな喧嘩になってしまい、話し合うにもお互い引くに引けない状況になってしまうことがあります。
そのような場合、いい方法があります。共通の友人等、信頼の置ける第三者に話合いに同席してもらい、夫婦が直接相手に話すのではなく、第三者に話すのです。夫婦間であれば言いたい放題言っても、第三者ではみっともなくて言えません。
言葉が柔らかくなり、第三者の前で客観的な自分を取り戻せれば、仲直りの糸口となるでしょう。

また夫婦間で直接言っても伝わらないことがよくあります。奥さんが旦那さんに言うありがちな言葉
「あたしが話をしているのに、あなたは新聞ばかり読んで全然話を聞いてくれない」
こういったことも、直接旦那さんに言うより、話し方も冷静になる第三者に言うとよく伝わるようです。

離婚Topへ


関連ページ:
DV(1)-身近にあるDV
DV(2)-繰り返されるDV
DV(3)-無意識の行動
DV(4)-逃げる
モラルハラスメント(1)-モラハラ
モラルハラスメント(2)-経過
モラルハラスメント(3)-自己愛性人格障害
モラルハラスメント(4)-具体例(1)
モラルハラスメント(5)-具体例(2)
リーダーシップ(1)-男性
リーダーシップ(2)-女性
リーダーシップ(3)-相手の求めるもの
嫁姑問題(1)-心理的側面
嫁姑問題(2)-争いの具体的ケース
嫁姑問題(3)-熟年離婚
借金(1)-借金を整理する4つの方法
借金(2)-保証人
性格の不一致
生まれ順
男女の考え方の違い(1)
男女の考え方の違い(2)-具体的な対応策
男女の考え方の違い(3-1)-出会い〜交際
男女の考え方の違い(3-2)-交際〜結婚
夫婦間のうつ
夫婦喧嘩(1)
夫婦喧嘩(2)