◆ 恋愛のタイプ / 離婚-コラム


概略:
「婚活」という言葉に代表されるように結婚できない悩み、最近は特に多いのではないでしょうか。 いつも浮気されてしまう。今度も怪しい。探偵や興信所に調査を依頼してしまう。サラ金や消費者金融に借金のある人を好きになってしまう。 恋愛には「無意識に同じ状況や経験を繰り返す」心理が働きます。


離婚Topへ


       Ludas ルダス
       (遊びの愛)
Mania マニア    Pragma プラグマ
(狂気的な愛)    (実利的な愛)

Eros エロス     Storge ストルゲ
(美への愛)      (友愛的な愛)
       Agape アガペ
       (愛他的な愛)



カナダの心理学者ジョン・アラン・リーは恋愛のタイプを上記の6つに分類しました。テキスト文書だと分りにくいですが、六角形になっていると思ってください。
ジョン・アラン・リーは
「恋愛では、同じタイプの人と付き合うとうまくいく」
「違うタイプの異性と付き合ってもあまりうまくいかない」と発表しました。
上の図で、六角形の対角線上にあるタイプ(ManiaとStorgeのように同じ色のものどうし)の人同士は理解することが難しいというものです。

・Ludas
恋愛をゲームと捉え、楽しむことが第一と考える恋愛です。「浮気性」になってしまう可能性もありますが、「デートを楽しめる」ことは前向きで素晴らしいことです。

・Pragma
実利的、実践的、現実的な恋愛です。女性なら「男性の年収」、男性なら「女性の若さ」などといった条件に拘ってしまいがちですが、相手のマイナスを受け入れ、プラスに焦点を当てることで、継続的な人間関係を作っていけるのもこのタイプです。

・Mania
極端な恋愛、独占欲・嫉妬などの激しいエネルギーを持った恋愛です。エネルギーが間違った方向に向くとストーカー的になってしまうこともありますが、そのエネルギーを仕事や趣味に分散し、特定の対象への執着心が緩和されれば、魅力的な人になることができます。

・Eros
異性の外見・身体的特徴に反応を起す恋愛です。「一目惚れ」をするタイプです。ガツガツしている、飢えていると異性にドン引きされるのもこのタイプです。短絡的ともとれるErosですが、恋愛には重要なポイントでもあります。
分りやすいたとえ話をしましょう。ディスコに行って
「俺、ワンレン、ボディコンの女でねえとだめなんだよ」と言っているような人のことです。(いつの時代の話?!)
デートした後異性に
「お兄ちゃんみたい」「お母さんみたい」と言われる草食系の人はEros的要素を高めるといいでしょう。

・Storge
長い時間をかけて育む友情のような恋愛です。共有体験を積み重ねることによって深い絆が生まれ、本物の恋愛へと成就させることができます。

・Agape
相手のことだけを考え、自己犠牲も厭わない恋愛です。パーフェクトな人間はいません。相手に対し「譲る気持ち」を示すことで「一生の財産」を作ることができます。


○対角線の相性
Ludas←→Agape
恋愛をゲームと考えるLudasにとって、自己犠牲的なAgapeは「うざい奴」になってしまいます。
AgapeにとってLudasは「軽薄な人」に見えます。

Pragma←→Eros
現実的な恋愛Pragmaと恋愛至上主義のErosはかみ合わないと考えられます。

Storge←→Mania
穏やかなStorgeからManiaを見ると「あの人にはついていけない」と映り、Maniaから見たStorgeはとろくさいと映るでしょう。

離婚Topへ


関連ページ:
「五カン」を大切に
できちゃった結婚
ふさわしい夫・妻になる
押すと引かれる(1)
押すと引かれる(2)
結婚への絆(1) 男性編
結婚への絆(2) 女性編
結婚後冷たくなる男性
江戸時代の離婚率
初デートで気をつけたいこと
世界の離婚率
相手の本気を引き出す(1)
相手の本気を引き出す(2)
相手の本気を引き出す(3)
母子家庭の現状
離婚の回避(1)-夫婦間のリフレッシュ
離婚の回避(2)-ケンカしそうになったら
離婚の回避(3)-仲直り
離婚の決断をする基準
恋愛のタイプ