◆ (1-1)協議離婚の概略 / 離婚-種類


概略:
離婚の種類は4つあります。協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚。


離婚Topへ

離婚する人の90%は協議離婚が占めていると言われています。
「協議」という名の通り夫婦間の話し合いにより決めるものです。合意ができれば離婚届を提出するだけで離婚が成立します。
協議離婚成立の要件は

・離婚の合意
・未成年の子供がいる場合その親権

だけです。慰謝料、養育費、財産分与などは離婚時に決める必要はありません。
好ましくはありませんが「とにかく早く離婚したい!」場合、とりあえず先に離婚をして、それから慰謝料その他を話し合うケースもあります。

協議離婚の場合、裁判所が関わらないので、金や子供の問題をあらかじめきちんと決めておくことが必要です。

養育費の支払が滞った場合などに備え、法的な強制執行力を持つ「公正証書」を作りましょう。しかし「面倒だしかえって余計な出費になってしまう」と一方が応じない場合があります。
そのような場合は「離婚協議書」を作りましょう。法的な強制執行力はありませんが、後々トラブッた場合、有力な証拠になります。
離婚協議書の作り方が分らないときは、行政書士に相談してみましょう。

離婚Topへ


関連ページ:
(1-1)協議離婚の概略
(1-2)協議離婚の仕方
(1-3)協議離婚の不受理申出
(2-1)調停離婚の概略
(2-2)調停離婚の仕方
(2-3)調停離婚に弁護士
(2-4)調停離婚 家裁の配慮
(3-1)審判離婚の概略
(4-1)裁判離婚の概略
(4-2)裁判離婚になるケース
(4-3)裁判離婚の仕方
(4-4)裁判離婚−和解・判決
内縁関係の解消