◆ 内縁関係の解消 / 離婚-種類


概略:
離婚の種類は4つあります。協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚。 それ以外に、離婚ではありませんが、内縁関係の解消をする場合もあります。


離婚Topへ

○内縁関係とは
内縁と同棲は違います。同棲は単なる同居・共同生活ですが、内縁は婚姻届を提出していないだけで、結婚する意思を持ち、事実上の結婚生活を営んでいる関係を指します。従って婚姻届を提出した夫婦と同様に、

・同居義務
・協力義務(家事や子育ての協力)
・扶助義務(経済面での協力)
・貞操義務

があります。

○内縁関係の解消
内縁関係を解消したい場合があります。
この場合、婚姻届を提出していないわけですから、法律に則った「離婚」をすることはできません。2人の話合いで内縁関係の解消をするのが基本です。

ただし、「離婚」と同じような手続き(調停)や権利の主張(慰謝料・財産分与)もできます。

○慰謝料を請求する場合
浮気や暴力が原因で内縁関係を解消する場合、慰謝料を請求することも可能です。ただし、婚姻届を出す意思があったということを証明する必要があります。

離婚Topへ


関連ページ:
(1-1)協議離婚の概略
(1-2)協議離婚の仕方
(1-3)協議離婚の不受理申出
(2-1)調停離婚の概略
(2-2)調停離婚の仕方
(2-3)調停離婚に弁護士
(2-4)調停離婚 家裁の配慮
(3-1)審判離婚の概略
(4-1)裁判離婚の概略
(4-2)裁判離婚になるケース
(4-3)裁判離婚の仕方
(4-4)裁判離婚−和解・判決
内縁関係の解消