◆ (2-3)調停離婚に弁護士 / 離婚-種類


概略:
離婚の種類は4つあります。協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚。


離婚Topへ

○調停に弁護士
基本的に調停では弁護士は立てません。ただし相手が弁護士を立ててきた場合は、立てた方がいいでしょう。
いずれにせよ、弁護士にまかせきりにすることはできません。

○弁護士費用の相場
調停に弁護士を立てた場合の相場は…

・着手金50万円プラス慰謝料の成功報酬10%

です。例えば慰謝料1000万円が取れた場合、その10%の100万円が成功報酬となります。調停が不成立となり裁判に進む場合は、別途さらに弁護士費用がかかります。

離婚Topへ


関連ページ:
(1-1)協議離婚の概略
(1-2)協議離婚の仕方
(1-3)協議離婚の不受理申出
(2-1)調停離婚の概略
(2-2)調停離婚の仕方
(2-3)調停離婚に弁護士
(2-4)調停離婚 家裁の配慮
(3-1)審判離婚の概略
(4-1)裁判離婚の概略
(4-2)裁判離婚になるケース
(4-3)裁判離婚の仕方
(4-4)裁判離婚−和解・判決
内縁関係の解消