◆ 養育費(1)-概略 / 離婚-慰謝料・養育費・財産分与


概略:
離婚の際の養育費とその相場について。


離婚Topへ

○養育費とは
子供を養い育てるには、子供の衣食住の費用や教育費、医療費、娯楽費など、多くの費用がかかります。子供を養い、育てていくのに必要な費用のことを養育費といいます。
離婚によって夫婦の法的関係が解消されますが、親と子供の関係は生涯継続します。 親は子供が成人するまで、子供を扶養する、養育費を負担する義務があります。

○養育費の相場
養育費は、夫婦のそれぞれの収入などによって、金額はそれぞれでありますが、一般的に、月2〜6万円が相場になります。支払い方法としては、月々の分割払いが多いようです。
養育費の金額は両親が話し合いで決めるのが原則です。夫婦の話し合いで養育費が決まらず、家庭裁判所が養育費について判定するときは「生活保護基準方式」という算定式を使って養育費を計算するのが主流になっています。

○養育費の現状
残念ながら、養育費の未払いが多いのも現実です。
離婚相手が再婚し、再婚相手が養育費の減額を要求してくる場合もあります。
個人の合意文書だけでは法的な強制執行力はありません。そのような事態や未払いを防ぐためにも、離婚協議書などの合意内容を強制執行認諾文付きの「公正証書」にしておきましょう
養育費は月払いと一時払い(一括払い)がありますが、将来的なこと(10年後にゴタゴタ…)や未払いの可能性を考えると安くても一時払いの方がいい場合があります。よく考えて選択しましょう。

尚、養育費は基本的に非課税です。

離婚Topへ


関連ページ:
慰謝料・財産分与の時効
国際離婚
財産分与(1)-相場
財産分与(2)-税金
書面(1)-離婚協議書
書面(2)-公正証書・公証人役場
書面(3)-離婚協議書と公正証書
書面(4)-公正証書の雛形(サンプル)
書面(5)-公正証書のポイント
親権(1)-親権とは
親権(2)-面接交渉権
夫婦別居の費用
養育費(1)-概略
養育費(2)-再婚・自己破産した場合
離婚をする際の慰謝料について