◆ 浮気の慰謝料 / 浮気-慰謝料


概略:
そもそも「浮気」とは法律的には「不貞行為」を指します。不貞行為は結婚関係が存在するにもかかわらず、肉体関係をもつことですので、プラトニックな恋愛は法的には含まれません。


離婚Topへ

浮気(不貞行為)の相手に慰謝料を請求することも場合によっては可能です。ですから配偶者およびその浮気相手が慰謝料請求の対象となります。この慰謝料請求は離婚を前提としなくてもいいのですが、離婚とセットの方が慰謝料は高額になります。

一般的に裁判で勝ち取れる浮気の慰謝料としては300万円程度が上限と考えましょう。ただし、いろいろな条件によって慰謝料は大きくことなります。例えば

・浮気の期間
・浮気への積極性
・妊娠の有無
・離婚の有無

などです。何れの場合も「浮気」の事実を証明することが大切で、証拠となりうる事実を記録に取るようにしましょう。

参照 離婚をする際の慰謝料について

離婚Topへ


関連ページ:
カウンセラーの選び方(料金等)
浮気の慰謝料
浮気をさせない誓約書
浮気発覚後のカウンセリング