◆ 浮気の証拠 メール(1) / 浮気-調査


概略:
最近はメールが浮気の証拠となることがあります。しかし、問題点もあるので、十分に注意が必要です


離婚Topへ

データ調査についての関連情報はこちら

○メールによる浮気チェック
携帯メールで「今晩ラブホテルに行きましょう」という人は極めて少ないと思います。しかし、フリーアドレス(Yahooメール、gmail等)ですと、注意も緩くなる場合があります。携帯のブックマークにフリーアドレスが登録されていたら要チェックです。正しくログアウトしなかったため、戻るボタンでメール内容が表示される場合があります。
あるいは、浮気相手からのメールを迷惑メールフォルダ行きに設定している場合がありますので、こちらも要チェックです。

但し・・・
結論から言うと、メールも浮気の証拠として裁判所が採用することは十分に考えられます。しかしいくつかの問題があります。

・人のメールを見る
たとえ夫婦間でも人のメールを見ることが許されるか、という問題があります。そもそも裁判では不正に取得されたものは証拠として採用されないからです。しかし、夫婦間でメールを読むという行為は、一般的に許される範囲のことなので、十分に証拠として採用されるでしょう。

・デジタルデータ
メールはデジタルデータですので、簡単に改変が可能です。場合によってはこれが問題で証拠として正式に採用されない場合があります。しかし、浮気の証拠というのはメールだけではなく、多くの事象の一つとして十分に証拠能力がある場合も考えられます。さらに多くはそのメールが自分のものであると認めることがあるので、その場合にはこの心配は一切ありません。

・保存方法
PCのメールであればプリントアウトしましょう。携帯の場合はカメラでその内容を写真として撮っておくといいでしょう。


○通話による浮気チェック
携帯に電話がかかってきたときの対応が以前と違うようであれば、要注意です。
下記の様子は最初からなのか、最近そうなったのかを確認してみてください。
・携帯に電話がかかてくると席を外して通話する。
・仕事用とプライベート用と複数の携帯を持っている。
・発着信の履歴が消されている。
・携帯がパスワードロックされている。

このような場合は、通話明細を取寄せ、特定の番号ばかりにかけていないかチェックするのも1つの手です。

離婚Topへ


関連ページ:
悪徳探偵社/興信所に注意
浮気 喧嘩の原因
浮気の証拠 メール(1)
浮気の証拠 メール(2)
浮気の証拠 車内
浮気の証拠 単身赴任
浮気の探偵・興信所による調査
浮気の兆候−注意点
浮気の調査と費用(1)
浮気の調査と費用(2)
浮気チェック
浮気チェック まとめ