◆ (4-4)裁判離婚−和解・判決 / 離婚-種類


概略:
離婚の種類は4つあります。協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚。


離婚Topへ

○裁判離婚−和解
判決の前に裁判所が和解案を提示する場合があります。夫婦双方にとって公平な和解案を、裁判所が夫婦に打診します。

和解が成立すると…

和解調書作成→裁判終了。
原告側が和解調書と戸籍謄本、離婚届を役所に提出
離婚が成立

となります。 尚、この場合は和解しての離婚になるので「協議離婚」と見なされます。

○裁判離婚−判決
裁判所が提示した和解案に夫婦が同意しなかった場合、裁判所は判決を出します。
判決は原告の請求を認める原告勝訴か原告の請求を退ける原告敗訴のどちらかの形になります。
判決書は原告被告双方に郵送されます。判決に不服がある場合は判決書が届いてから14日以内に控訴を行います。控訴が行われなければ判決は確定し、離婚成立となります。

離婚が成立したら、下記の書類を役所に提出します。
・判決書謄本
・判決確定証明書(裁判所で交付)
・戸籍謄本
・離婚届

離婚Topへ


関連ページ:
(1-1)協議離婚の概略
(1-2)協議離婚の仕方
(1-3)協議離婚の不受理申出
(2-1)調停離婚の概略
(2-2)調停離婚の仕方
(2-3)調停離婚に弁護士
(2-4)調停離婚 家裁の配慮
(3-1)審判離婚の概略
(4-1)裁判離婚の概略
(4-2)裁判離婚になるケース
(4-3)裁判離婚の仕方
(4-4)裁判離婚−和解・判決
内縁関係の解消