◆ 弁護士(1)-離婚相談する際の費用の相場など / 離婚-弁護士他


概略:
弁護士費用の相場(平均額)。


離婚Topへ

○弁護士に法律相談
離婚は夫婦間の感情的な問題のほかに、子供の親権や慰謝料、裁判といった専門的知識を必要とする法律上の問題を解決しなければなりません。こうした問題の解決に費やす労力を軽減し、できるだけ有利な条件で離婚したいと思うなら、早い段階で弁護士に依頼しておいた方が良いでしょう。

○弁護士費用の相場
弁護士へ相談だけする場合は、弁護士報酬規定で最低30分5,000〜10,000円の範囲内の一定額と決められており、相談した時間に応じて支払います。
弁護士に事件を依頼する時の費用は、最初に実費と着手金、事件終了時に報酬金を支払います。

離婚そのものだけを依頼する場合
調停または交渉のときは着手金、報酬はともに20万円以上50万円以下
訴訟のときは30万円以上60万円以下

以上が原則ですが、個々の事件によって依頼者の資力や事案の複雑さなどは千差万別です。
また別途弁護士の日当がかかります。日当の目安は半日2〜3万円です。
弁護士に依頼する時には、弁護士費用の説明をしてもらい、疑問があれば遠慮なく聞いて相談するようにしましょう。

慰謝料、財産分与合せて1000万円を裁判で勝ち得た場合、弁護士に支払う報酬は、300万円くらいを見ておく必要があります。
期間は1年程を目安にすればよいと思います。

離婚Topへ


関連ページ:
弁護士(1)-離婚相談する際の費用の相場な…
弁護士(2)-離婚相談する時の注意
弁護士(3)-離婚に関する無料相談
法テラス
離婚における司法書士
離婚に強い行政書士