◆ 親権(2)-面接交渉権 / 離婚-慰謝料・養育費・財産分与


概略:
親権者、身上監護権、財産管理権、親権の変更、面接交渉権について。


離婚Topへ

○面接交渉権
親権者や監護者にならなかった親は、当然子供と一緒に生活することはできません。しかし、親であることには変わりなく、子供も時にはお父さん(お母さん)に会いたい気持ちがあれば、子供と面会したり一時的に過ごしたりする権利があります。

その場合、具体的に

・1ヶ月に会う回数
・1回の時間の長さ
・日時と場所は誰が決めるか
・連絡方法をどうするか
・子供意思確認の方法

など、詳細に詰めて書面に記しておきましょう。
また、夏休みはキャンプに行くとか、酒の出る店には連れて行かないなどといったことも決められます。

ただし、子供に対する虐待が原因で離婚になった場合は、子供の情緒に著しい悪影響を与えることが考えられますので、その場合は面接交渉権が認められない可能性が高くなります。
優先されるのは、子供の福祉であり利益だからです。

○養育費との関連
母親が子供の親権を持ち、父親が養育費を払うケースは多いと思います。面接交渉権が認められている父親は、認められていない父親に比べ、養育費をきちんと払うと言われています。もしかしたら、子供を父親に会わせたくないと思う母親もいるかもしれませんが、なるべく認めるようにした方がいいでしょう。

離婚Topへ


関連ページ:
慰謝料・財産分与の時効
国際離婚
財産分与(1)-相場
財産分与(2)-税金
書面(1)-離婚協議書
書面(2)-公正証書・公証人役場
書面(3)-離婚協議書と公正証書
書面(4)-公正証書の雛形(サンプル)
書面(5)-公正証書のポイント
親権(1)-親権とは
親権(2)-面接交渉権
夫婦別居の費用
養育費(1)-概略
養育費(2)-再婚・自己破産した場合
離婚をする際の慰謝料について