◆ 子連れ再婚(2)-子供の戸籍(入籍届) / 離婚-再婚


概略:
離婚、再婚。 再婚後の子供の認知・戸籍について。 入籍届・養子縁組。 婚約指輪・結婚指輪のリフォーム。


離婚Topへ

○入籍届
・子なしの夫
・子連れの妻

で再婚した場合、(多くの場合)再婚した時点で妻(子供から見れば母)の戸籍が夫の戸籍に入りますが、子供の戸籍はそのままになってしまいます。
この場合家庭裁判所に「子の氏の変更」を申し立てることができます。家庭裁判所の許可が出た後、母の氏を称する「入籍届」を役所に提出することで、子供が再婚相手の姓を名乗れるようになります。

ただし、入籍届を提出しただけでは、再婚相手(子供から見れば新しい父)と子供の間には法的な親子関係は成立していませんので、法定相続人にはなれません。

○入籍届と婚姻届
この2つは混同してしまうことがあります。
婚姻届を役所に出すと、多くの場合妻が夫の戸籍に入ります。(=入籍)
入籍届は、離婚や再婚などで、子供の戸籍が移動するとき役所に出します。

入籍届を出す例)
・離婚−元夫の戸籍に入っていた子供の戸籍を母の戸籍に入れる。
・再婚−母の戸籍に入っていた子供の戸籍を新しい父の戸籍に入れる。

子連れ再婚(1)-妻(母)の戸籍(入籍届)
子連れ再婚(3)-子供の戸籍(養子縁組)

離婚Topへ

関連ページ:
再婚の不安
再婚禁止期間
子連れ再婚(1)-妻(母)の戸籍
子連れ再婚(2)-子供の戸籍(入籍届)
子連れ再婚(3)-子供の戸籍(養子縁組)
子連れ再婚(4)-養子縁組の解消(養子離縁)
子連れ再婚(5)-現実問題
指輪のリフォーム
離婚後の復縁