◆ 子連れ再婚(5)-現実問題 / 離婚-再婚


概略:
離婚、再婚。 再婚後の子供の認知・戸籍について。 入籍届・養子縁組。 婚約指輪・結婚指輪のリフォーム。


離婚Topへ

○現実問題
法律的なことは別にして、現実問題を考えるとシビアなマイナス面もあります。

・子供がぐれる可能性が高い。
・連れ子が再婚後の子供をいじめる場合がある。
    この場合「親の愛情の争奪戦」でもあります。
・血の繋がっていない親が子供を虐待する可能性が高い。
    子供が小さいときに夜泣きやぐずったりすると、実親でも子供を殴ってやりたくなることがあります。養親ならなおさらです。また反抗期・思春期も大変な苦労があります。
・養子縁組した場合の、財産の問題がある。
    祖父母の遺産が、血の繋がっている自分の子供と繋がっていない連れ子に分配されるのが耐えられないという人もいます。
・子供の養育費が無い場合、自分の子供を持つ金銭的余裕がなくなるかもしれない
    仮に養育費があったとしても、養子縁組により減額される場合があります。

○具体例
スタッフが聞いた体験談に次のようなものがありますが、子連れ再婚に典型的なことです。

・夫(男子1名連れ子)
・妻(女子1名連れ子)

バツイチ同士で再婚。夫の連れ子だったAさんは親の対応が自分の子供と連れ子に対して明らかに違うと感じていたそうです。

もちろん上記は個人的な問題もありますが、今時、他人の子供を育ててくれる人は生き仏様と言っても過言ではありません。離婚するときも十分よく考えて判断しましょう。

離婚Topへ


関連ページ:
再婚の不安
再婚禁止期間
子連れ再婚(1)-妻(母)の戸籍
子連れ再婚(2)-子供の戸籍(入籍届)
子連れ再婚(3)-子供の戸籍(養子縁組)
子連れ再婚(4)-養子縁組の解消(養子離縁)
子連れ再婚(5)-現実問題
指輪のリフォーム
離婚後の復縁