◆ DV(4)-逃げる / 離婚-原因


概略:
DVはドメスティックバイオレンス、家庭内暴力の略。


離婚Topへ

○DVとの決別
このタイプの女性にとってDV夫と別れるのは容易ではありません。DV夫を失うのは、自分の存在価値を揺るがすことだからです。

またストックホルム症候群に陥っている場合もあります。
ストックホルム症候群とは、犯罪被害者が長期間人質となり監禁されることで、犯人に対し同情や連帯感、好意などをもってしまうことです。長年DV夫と一緒にいることで、妻は逃げられなくなってしまうのです。
有名なところでは、アメリカの新聞王ハーストの孫娘が銀行強盗団に誘拐され、翌年一緒に銀行強盗を行った事件があります。

難しいことではありますが、警察や保護センターなどに助けを求め、勇気を持って逃げてください。

いきなり逃げるといっても心の準備が必要でしょう。逃げるまでに下記のものを準備しておくと離婚を協議する際有利になります。

・怪我や壊された部屋の写真
・医師の診断書
・暴力が振るわれている現場のビデオ
・日記(○月○日暴力を受けた・・・)

また実際に逃げるときは下記のものを持って逃げるといいでしょう。

・通帳、印鑑、キャッシュカード
・免許証、保険証
・着替えその他生活必需品。子供がいる場合は、ミルク、おむつ、文房具や教科書。

保護センターに逃げると、保護施設の利用方法、保護命令の申立て方法などを教えてくれます。その後接近禁止命令などを裁判所に出してもらうことができます。

離婚Topへ


関連ページ:
DV(1)-身近にあるDV
DV(2)-繰り返されるDV
DV(3)-無意識の行動
DV(4)-逃げる
モラルハラスメント(1)-モラハラ
モラルハラスメント(2)-経過
モラルハラスメント(3)-自己愛性人格障害
モラルハラスメント(4)-具体例(1)
モラルハラスメント(5)-具体例(2)
リーダーシップ(1)-男性
リーダーシップ(2)-女性
リーダーシップ(3)-相手の求めるもの
嫁姑問題(1)-心理的側面
嫁姑問題(2)-争いの具体的ケース
嫁姑問題(3)-熟年離婚
借金(1)-借金を整理する4つの方法
借金(2)-保証人
性格の不一致
生まれ順
男女の考え方の違い(1)
男女の考え方の違い(2)-具体的な対応策
男女の考え方の違い(3-1)-出会い〜交際
男女の考え方の違い(3-2)-交際〜結婚
夫婦間のうつ
夫婦喧嘩(1)
夫婦喧嘩(2)