◆ 結婚後冷たくなる男性 / 離婚-コラム


概略:
よく男性は「釣った魚に餌はやらない」生き物だといいます。しかし「女性は愛されて結婚したほうが幸せになる」と、女性は訴えます。このギャップは・・・


離婚Topへ

○冷たくなった夫
結婚前はあれほど優しかった彼が、結婚を境に冷たくなってしまった。以前は「かわいい」と言ってくれたのに最近は言ってくれない。考えたくはないけどもしや女の影が・・・。考えないようにすればするほど、不安は大きくなり、ある日夫婦ゲンカに。
夫は妻の
「ずっと不安だったのよ!」という言葉が全く理解できず。むしろ
「精神的に病んでいるのでは?」「まだ子供ができない今なら」などと考え始めてしまう・・・


一般的に女性は自分よりステータス(年収や社会的地位)の高い男性を求めます。女性の部長がヒラ社員の男性と結婚した話はあまり聞きません。ある程度自分の方が上で、自信を持っている男性が結婚後(妻から見て)冷たくなる傾向にあります。この場合夫は結婚によって安心しきっており、まさか妻が浮気をするとは微塵も思っていませんし、自分が冷たくなったとはこれっぽっちも思っていません。
従って夫が冷たくなったからといって愛情が薄れたとは言えません。むしろ「身内」となったことによる安心感に満たされています。「俺がこれほど頑張ってついにゴールしたんだ。やれやれ」くらいの気持ちでしょう。

また、電車などで他人のマナーが悪かったからといって注意しない人がほとんですが、身内のマナーが悪ければすぐに注意するのが普通です。そういった意味で「基準」が厳しくなることはあります。


○優しくなる夫
人には見えない魅力の値札が付いています。例えば、結婚前の吉永小百合さんであれば莫大な価格の値札が付いていました。テグレットの人の値札は???です。
自分より高い値札が付いている相手には「素敵だな、きっともてるんだろうな」と思いますし、安い値札が付いている相手から言い寄られても「この人とはどうせ結婚しないわけだから好きになられてもかえって迷惑」となります。

一般に見えない値札が 「女性 > 男性」 の場合、結婚後夫が優しくなる傾向があります。
こんな素敵な女性にまさか結婚してもらえるとは思わなかった、自分には過ぎた女性だ、当分共働きだけど絶対会社でもてるはずだから浮気などされないよう頑張らなくっちゃと、夫は考えるからです。
優しくしてもらおうと思って、かまをかけたり駆け引きを試みる女性がいます。わざと遅刻して本当に自分を待っていてくれるか・・・そのような小細工はかえって自分の価値を落すだけです。
結婚しても自立していつもきれいでいる女性が、男性の優しさを引き出すのではないでしょうか。


○女性は愛されて結婚したほうが幸せになる
よく「女性は愛されて結婚したほうが幸せになる」と言います。恋愛でも結婚でも本来対等の立場で愛しあっていくのが理想ですが、現実は亭主関白だったりかかあ天下だったりと、一方が他方をより愛していることが多いです。

「女性は愛されて結婚したほうが幸せになる」というのは
男性からの愛情 > 女性からの愛情
となり「優しい夫」になるためと思われます。
ただしそのためには愛されることに見合うだけの努力をするか、値札の安い男性と結婚するしかないかもしれないですね。

離婚Topへ


関連ページ:
「五カン」を大切に
できちゃった結婚
ふさわしい夫・妻になる
押すと引かれる(1)
押すと引かれる(2)
結婚への絆(1) 男性編
結婚への絆(2) 女性編
結婚後冷たくなる男性
江戸時代の離婚率
初デートで気をつけたいこと
世界の離婚率
相手の本気を引き出す(1)
相手の本気を引き出す(2)
相手の本気を引き出す(3)
母子家庭の現状
離婚の回避(1)-夫婦間のリフレッシュ
離婚の回避(2)-ケンカしそうになったら
離婚の回避(3)-仲直り
離婚の決断をする基準
恋愛のタイプ