◆ 借金(1)-借金を整理する4つの方法 / 離婚-原因


概略:
離婚に至る大きな原因の1つに借金がありますが、債務整理の4つの方法を見ていきましょう。


離婚Topへ

○特定調停
簡易裁判所に申し立て、調停委員会に債権者(=金融業者等)との間に入ってもらい、和解協議して借金の減額、返済方法などを協議するものです。
通常法律家に依頼せず自分で行います。

○任意整理
弁護士・司法書士に依頼して、本人に代り債権者と交渉してもらって解決を図るものです。特定調停と反対で、法律家に相談する代りに裁判所を利用しません。
委任した後の交渉は法律家がやってくれます。そういった意味では安心感があります。

○個人再生
よく借金をチャラにするため安易に自己破産をすればいいと考える人がいますが、自宅を持っている人が自己破産すると自宅を手放すことになります。
地方裁判所に個人再生を申し立てることによって、自宅を手放さずに住宅ローン以外の借金を整理できます。
債権者に返済していくことを目的とし、借金総額を大きく削減した再生計画案を作成することが可能です。ただし、
・住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下
・安定した収入が将来に渡って見込める
などの要件を満たすことが必要です。

○自己破産
借金をチャラにするため気軽に自己破産する人が一時問題になりました。
「借金は返す」のが社会の当然のルールなので、自己破産するためには支払不能であることが条件です。従ってマイホーム、不動産、車などは失ってしまいます。
自己破産の目的は「免責」です。免責が認められることによって借金の支払義務がなくなります。自己破産は失敗した人が再生するための制度です。しかし「借金を踏み倒す」ために利用されないよう免責不許可事由があります。例えば、ギャンブルで作った借金は免責不許可事由になります。安易に自己破産すると、破産者となるだけで借金は残るという結果にもなりかねません。ただし、ギャンブルで作った借金だからといって絶対に認められないというわけでもないので、弁護士などとよく相談してください。

また、マイホームなどは失ってしまいますが、賃貸アパートなどで通常の社会生活をスタートすることができます。

離婚Topへ


関連ページ:
DV(1)-身近にあるDV
DV(2)-繰り返されるDV
DV(3)-無意識の行動
DV(4)-逃げる
モラルハラスメント(1)-モラハラ
モラルハラスメント(2)-経過
モラルハラスメント(3)-自己愛性人格障害
モラルハラスメント(4)-具体例(1)
モラルハラスメント(5)-具体例(2)
リーダーシップ(1)-男性
リーダーシップ(2)-女性
リーダーシップ(3)-相手の求めるもの
嫁姑問題(1)-心理的側面
嫁姑問題(2)-争いの具体的ケース
嫁姑問題(3)-熟年離婚
借金(1)-借金を整理する4つの方法
借金(2)-保証人
性格の不一致
生まれ順
男女の考え方の違い(1)
男女の考え方の違い(2)-具体的な対応策
男女の考え方の違い(3-1)-出会い〜交際
男女の考え方の違い(3-2)-交際〜結婚
夫婦間のうつ
夫婦喧嘩(1)
夫婦喧嘩(2)