◆ 養育費(2)-再婚・自己破産した場合 / 離婚-慰謝料・養育費・財産分与


概略:
養育費の支払期間中に…妻が再婚したら? 夫が自己破産したら?


離婚Topへ

○再婚
子供を引き取った側が再婚した場合、それだけでは養育費の支払を中止する理由にはなりません。ただし、子供と再婚相手が養子縁組をしたような場合は、養育費の減額が認められる理由になりえます。

○自己破産
養育費を支払う側が自己破産の手続きを完了してしまうと養育費を受取ることはできません。自己破産した時点での所有財産をどうするかは弁護士と裁判所に委ねられます。
例えば、養育費の延滞があったとしても、別に支払う義務があれば、そちらに充てられてしまうかもしれません。

公正証書を作成する場合、この点も考慮しておくと相手の自己破産の手続きが完了する前にストップをかけ、債務の返済の前に「養育費に回してもらえませんか」と申し立てることができます。養育費の支払いに充てられる割合は裁判所が決めることですが、養育費がゼロになることを防ぐことができます。

離婚Topへ


関連ページ:
慰謝料・財産分与の時効
国際離婚
財産分与(1)-相場
財産分与(2)-税金
書面(1)-離婚協議書
書面(2)-公正証書・公証人役場
書面(3)-離婚協議書と公正証書
書面(4)-公正証書の雛形(サンプル)
書面(5)-公正証書のポイント
親権(1)-親権とは
親権(2)-面接交渉権
夫婦別居の費用
養育費(1)-概略
養育費(2)-再婚・自己破産した場合
離婚をする際の慰謝料について